映像制作の工程

制作の工程(ワークフロー)とゲインの特徴

映像の制作を依頼したいのだけど、どうしたらいいの?映像の制作を依頼したいのだけど、どうしたらいいのか?
専門用語の多い映像の世界ですから、敷居が高いと感じているクライアント様は多いようです。
一体どのように映像制作は進んでいくのでしょうか?
それを知っていただけば、映像制作を依頼するにあたって必要な知識も、ゲインの特徴もご理解いただけるでしょう。

 

企 画

映像制作は企画からスタートです。
作り上げるコンテンツの狙いはどこにあるのか?予算規模は?実現しうる表現手段はどんなものがあるのか?
こうした状況を基にして、ベテランの構成作家やディレクターが皆さんのご要望を形にしていきます。
ゲインの見積り確定はこの段階です。
見積もりは確実な数字を提示することが大切ですので、余裕を見た金額でご検討ください。
また、クライアント企業さまの中での稟議が必要な場合は、稟議用の資料も作成いたします。
この資料を基に制作会社サイドだけでなく、クライアント企業様の意思疎通もスムーズに行うことができます。

台本作成

企画を基にして、構成作家またはディレクターが書き上げるのが台本です。
台本は、どのように撮影したらいいのか指定してある上、ナレーションなども書き込んであるため、とても映像の仕上がりがイメージしやすい雛形です。
必要に応じてこの後コンテなども描くのですが、台本の段階で一度撮影前チェックを行い、方向性を確認します。
台本を作成する構成作家は、ご希望により、放送番組専門の作家もご指名いただくことが可能です。

収 録

台本が仕上がり、準備が整うと撮影です。
テレビ番組で鍛え上げられたカメラマンやエンジニアが加わり、最高の信頼性と画質を誇る放送用カメラを用いた現場です。
当社で動く現場スタッフは放送番組の経験者がほとんどです。最高の経験と技術でクライアント様の意向を踏まえた映像を制作いたします。
ゲインでは、HD(ハイビジョン)での撮影を行っています。
DVDだけでなく、ブルーレイやタブレットPCアプリへの転用が可能で将来の発展性が高くなるためです。

編 集

編集は映像作品の出来映えを決定する重要な要素。
スタジオでアドビプレミアや、アフターエフェクト、そしてモカといった最新の環境での編集作業が行われます。
ストレスフリーで進む作業は見所の一つです。
もちろん途中経過での報告として、荒編集、テロップ(字幕)制作後など、数回のチェックはクライアント様と意見交換を行います。
撮影に引き続き、この映像編集もHD(ハイビジョン)での作業になります。

M A

MAとは、マルチプレックスオーディオの事。つまり映像の音声制作工程です。
アドビサウンドブースという音声制作ソフトを中心としたノンリニアでの作業です。
ナレーションとBGMが加わると、映像は見違えるように踊り始めます。
もちろんBGMはオリジナル楽曲を制作する事も可能ですのでご予算に応じて最適な方法をご提案させていただきます。

オーサリング

試写を経て最終的な変更点や直すべきポイントを探し修正を行います。
こうしてできあがった映像を、DVDならオーサリング、アプリならアプリプログラミングに回し、パッケージになり完成です。



コメントは受け付けていません