パッケージ

映像の利用価値をさらに高める幅の広いパッケージング

映像は制作しただけでは意味がありません。
DVD、ウェブ動画、そしてアプリなど、様々な形にパッケージングして頒布して始めて意味を持つモノです。
当社では、制作した映像作品の完パケファイルの利用価値をさらに高めるために、様々な形でのパッケージング手段を提供いたしております。

 

最も普及している映像のパッケージ「DVD」

コストパフォーマンスが高いDVDDVDは、今最も安定した映像のパッケージング方法です。
安価なプレスで大量の枚数を配布できるため、コストパフォーマンスが高く、当社では一番お薦めしている方法でもあります。
もしも他の手段をお考えであっても、コストを考えたらDVDという方法を無視するのはもったいない。そう考えさせられる手軽さです。
私たちはこのDVDという頒布手段を皆様に提供するために、最高の環境を用意しております。

 

 

DVDオーサリング

オーサリングソフトイメージDVDをプレスする前にまずしなければならないのが、DVDオーサリングという作業です。
映像にチャプター(頭出し設定)を打ち込み、メニュー画面を作って関連づける作業ですが、一度編集が完了した作品の映像ファイルを切り分けて、再度構築しなおすという作業ですので、まさに「映像の再構築」とも言うべきものです。
こうした作業を的確にこなすためには、映像の演出意図などに対する基礎的な理解が必要です。
私たちゲインは映像制作会社ですから、こうした映像の演出意図を最大限活かした最高のオーサリングをコーディネートすることができます。

少量のDVD制作ならコピーで対応

安価少量のDVDを制作したいなら、プレスではなくDVD-Rでのコピーで対応するのも方法の一つです。
もちろんオーサリングも行い、メニュー画面も組み込みます。
コピーマスターDVDのオーサリングは当社の社内で行なっておりますので、比較的自由度の高いオーサリングやメニュー設定が可能です。動画のメニューを作りたい、凝ったデザインのメニューを作りたい、などなど、皆さんの思いのままのオーサリングをいたしております。
お気軽にご相談下さい。

大量頒布ならプレスで対応

大量にDVDを制作したいなら、安価なプレスをお薦めしております。
海外プレスなら一枚40円を切る手軽さになってきています。品質も万全です。
当社が委託しているプレスは台湾でのプレス工場ですが、両者ともエラーレートも含めて国内工場と変わらない品質です。
お急ぎならば国内プレスがお薦めです。価格は若干上がりますが、納期も海外プレスに比較して一週間は早く、品質も確かです。
プレスの場合のオーサリング作業は当社指定の専門スタジオに委託しつつ、当社で最終段階まで責任をもってコーディネートいたします。
業界標準オーサリングソフト「scenarist」によるマスター制作と、オーサリングエンジニアの高い経験値で信頼性も抜群です。

 

需要増大中のウェブ動画エンコード

ウェブ用エンコードもノウハウが必要近年伸びてきているのがウェブ用動画ファイルの制作です。
このウェブ用動画の制作にあたって、特に注意するべき点は、ウェブ回線の転送レートを理解したファイル制作です。
インターネット回線は光回線が普及して転送速度に関しては改善されつつありますが、まだまだ大容量の映像をリアルタイムで転送するまでには至っていません。
いかに軽いファイルで高画質を出すか?私たち映像制作に携わる者にとってはせっかく作った映像作品なのですから、できるだけキレイな映像で楽しんでいただきたい。そうした想いから、映像ファイルをウェブにあわせて圧縮するエンコードという作業には細心の注意を払っています。

 

iPadやAndroidアプリに向けた動画エンコードも

スマホやタブレット向けの動画エンコードも可能当社ではアプリ用動画ファイルのエンコード制作実績も豊富です。
アプリの性質と映像ファイルの特性を知り尽くした総合制作会社だからこそできる信頼性の高いエンコーディング技術で対応いたします。
特に販売用アプリはダウンロードの時間を可能な限り短くし、しかも画質を稼ぎたい分野でもあります。こうした相反する問題を解決できるベストの作業を当社ではめざし、日々技術開発を続けているのです。

 



コメントは受け付けていません